おじゃがの悪あがき

彼氏いない歴年齢30代独身♀のブログ。@結婚相談所にて婚活中

内なる対話~ノートを使った思考術~

※続きものです↓前回まで

①「おんぶにだっこ」

②「二人の世界」

③「二人で一人」

はしゃいでヤサ野先輩に話しかける係長 係長の視界にはヤサ野先輩しか入らない 「イライラするな」おじゃがが自分自身に語りかける 「彼は周りを無視してヤサ野先輩に話しかけているのではなく、内なる自分自身と対話しているのだ」おじゃがは悟りを得たのである。

彼は内なる自分自身と対話していたのであった・・・。

じんこのイラスト じんこの独り言

ノートを使った思考術

よく人に話すことで考えが整理されると言いますよね。
自分の知識をそのことについて知らない人に説明することによってより知識が定着するとも。

しかし、都合よくそんなに他人の話を聞いてくれる人なんていないわけです
もし一方的に自分の話を聞いてくれる人がいるとしたら、相手の人が相当我慢強い人か、相手の人があなたのファンなんだと思います。
人は誰だって大なり小なり自分の話をしたほうが楽しいですからね。 聞いてるのが好きって言う人でも、本当に親しい人なら結構しゃべると思います。
一方的に話しを聞き続けるなんて大親友でも無理なんじゃないかな。

人にしゃべって考えを整理するのは気軽でいいのかもしれないけど、相手が聞いていて楽しいかわからないし、何より人には口がついているのでペラペラしゃべるリスクがある。
絶対、誰にも内緒ね!つっても他人にしゃべった時点で他の人に伝わるリスクは発生しているわけで・・・。

なので、普段自分はノートを使って考えを整理します。
要はノートにひたすら愚痴やポエムや自分の考えを書きまくる。
デジタルのメモ帳でもいいですが、デジタルだとウイルスとかに感染したときに外に流出したら恥ずかしいですし、書いた!すっきりした!という充実感をアナログのほうが得やすい気がします。

愚痴の山の処分に困る

それで問題になってくるのが愚痴の山みたいなノートが量産されることです。
しかもテキトウに書いているから、中途半端に12ページくらい使ってあとは白紙みたいなノートがあったりする。

そのノートを他のことに使おうにも、その愚痴にまみれた12ページがあるから危険なので使えない。見返すことは、まず無い。だけど、色々考えて書いたノートなので何となく捨てられない。

そんな感じのゴミが15冊くらい家にあります。

でも自分が孤独死した時にこのノート達が発見されたら滅茶苦茶嫌だから、シュレッダーにかけて定期的に削除しています。

ノートを廃棄するとき、シュレッダーは便利でいいですよ。