おじゃがの悪あがき

自分の経験を元にしたアラサー会社員おじゃが(♀)が主人公の創作4コマ漫画です。

ガンつけ合い~アンガーマネジメントの必要性~

係長は会議で気に食わない意見を言う人を無言でにらむ癖がある おじゃがの発言中、ムッとした顔でにらみつける係長 「何かご意見ありますか?」歌舞伎役者ばりの睨みを返すおじゃが 係長「話が無駄に長いなぁと思って」おじゃが「申し訳ありません。お互い様ですね」二人の視線が火花を散らす
にらめっこは、社会人でも案外やる、・・・かもしれない。
じんこのイラスト じんこの独り言

子供還りする社会人とアンガーマネジメントの必要性

子供の頃は取っ組み合いの喧嘩とか、言い争いとか頻繁にあったと思うんですが、
大人になってくると、早々喧嘩をしなくなりますよね・・・。
と自分も学生の頃は思っておりました。

大人になっても仕事上のやり取りで双方に余裕がない状況だと、結構不毛なバトルが展開されます。
良い大人、分別盛りの中年のオッサン同士が言った言わないの言い争いをしたり、仕事の押し付け合いや幼稚なバトルをしているわけです。
言い争っている時間が無駄とは思わないのだろうか・・・。

吾十有五にして学に志す、三十にして立つ、四十にして惑わず、五十にして天命を知る、・・・
ありがたい孔子先生のお言葉です。15歳で学問を志し、30歳で学問の知識が身につき自立し、40歳で迷うことがなくなり、50にして天明を知っちゃうわけです。
まぁ、これって孔子先生がご自身のことを晩年振り返っての言葉ですからね。
凡人は30才でも立っていないし、40才でも迷いまくりだと思います。

プロジェクト終盤や、メンバーそれぞれに余裕がなくなったときほどその人の性格が良く出るなぁと思います。
他人を責めたがる人、ただひたすらやるべきことをやる人、都合よく風邪をひく人・・・・。
(個人的にはこの中で一番破壊力があるのは風邪をひく人だと思います・・・。わざとではないとはいえ。)

怒りのピークは6秒って本当かよ!?

かく言う自分は余裕がなくなるとイライラしてきて、攻撃的になる人だと思います。
しかし、あとから振り返ると、その場で怒ったり、相手を非難しても良いことは全くなかったですね。
そうはいっても、腹が立つときは腹が立つのでどう我慢すればいいのか・・・

まさしくアンガーマネジメントですなぁ。
確か6秒耐えればいいんですよね・・・。
いや、6秒どころか、6時間たってもイライラする時があるよ。
それどころか6年たっても60年たっても思い出してイライラするときってあるんでない!?

まぁ、ある程度真剣に仕事をしていたら、ぶつかり合うこともあるわけで、そういうののかわし方も含めて仕事なのかもしれないですね。