おじゃがの悪あがき

彼氏いない歴年齢30代独身♀のブログ。@結婚相談所にて婚活中

何やかんやで~宙ぶらりんに耐えることの大切さ~

何やかんやでの4コマ漫画

(心の中で)文句はたれても、やることやってりゃ、頼りにされるし感謝もされる。

>>はじめから読む
じんこのイラスト じんこの独り言

宙ぶらりんに耐えられなかった話

昔読んだエッセイ(タイトル忘れた)に
「畜生!こんな仕事、今日辞めてやるっ!!って毎日思いながら働いていたら10年たっていた。結果として自分は10年そこで粘って良かった。」
というような事が書かれていて、それが印象に残っています。

自分も一時期、不満タラタラで働いていたことがありました。
自分が何をしても何も変わらない、自分がどう動こうが評価は変わらない・・・そんな状態だと当時は感じていて、それが凄くつまらないと感じていました。

今考えると、自分が独善的すぎたことで色々と問題を抱えていたんだと思います。
しかし、当時は近視眼的になっていたので、それが分からなかったです。

結局、自分はその状態に我慢することができず、その職場を離れることになりました。
要は我慢できなかったのです。何をやっても無駄なら損切したくなったというか、全部ぶん投げたくなったというか。

そして、新しい職場で働き始めたのですが・・・

自分はその職場では割と出来る方で、けっこう天狗になっていたんです。
しかし、次の職場では、それまでのやり方が全然通用しませんでした。
そして人間関係も、それまでの職場と全然違っていました。

前の職場では自分は評価されていたんだなぁ・・・。
前の職場ではいつも皆がフォローしてくれていたなぁ・・・。

離れて初めて、前の職場の良さや、自分が恵まれていたことに気がつきました・・・。

こち亀のアニメのエンディングテーマの歌詞の一節に「無くして気が付いた馬鹿な俺だから」という歌詞があるのですが、その一節が頭の中をエンドレスリピートで駆け巡りました。

それからしばらくの間、新しい職場の慣れない仕事に戸惑い、前の職場に残っていれば良かったと後悔の日々でした。

ただ、ここで泣きごとを言ったり、前のほうが良かったとか表に出したら、馬鹿に拍車がかかるので踏ん張ることにしました。
そうこうしているうちに、だんだん次の職場にも慣れてきて、ある程度やっていけるようになりました。

無くして気が付く馬鹿になる前に

結果論から言えば、新しい職場に移ったことによって、自分は経験を積んで、色々と成長できたし、 さらに言えば職場を移ったことを切っ掛けにプライベートでも良い変化が沢山ありました。

ただ、それでも自分は前の仕事でやり残したこと、出来なかったことを後悔している。 それもまた事実なんですよね。

あの時、あの宙ぶらりんな状態に耐えることができていたら、結果が違っていたんじゃないかと今でもふと、思ったりするのです。
まぁ、そんな未来はどの宇宙にも存在しないのですが。

今でも心のどこかで「無くして気が付いた馬鹿な俺だから」というフレーズが流れ続けている感じです。
逆説的に言えば、そんな不毛なことを考えるような馬鹿だからこそ、無くして気が付くような馬鹿になるんでしょう。

ということで、今、中途半場な状態に不満タラタラで仕事をしている人達に伝えたい。

それでも拘りたい何かがそこにあるのなら、とどまることも正解だと。
そんで、何かを実現させたいなら、それに耐えうる強度、つまりは余裕が必要なんだと。 そして踏ん張り時と諦め時を見誤るなと。




・・・・・

お前、何急に自分語りはじめてんだ・・・!?

って感じでしょうが、このブログは自分の独り言をかくチラシの裏なので。

10月はブログをお休みします

ところで仕事に婚活に近頃多忙のため、10月はブログをお休みします。
また、11月からブログを再開する予定です。

そのころまでには嬉しいご報告ができる・・・かも?しれない。😘