おじゃがの悪あがき

彼氏いない歴年齢30代独身♀のブログ。@結婚相談所にて婚活中

肩越しの会話~友達の友達は赤の他人である~

肩越しの会話の4コマ漫画

友達の友達は赤の他人である。

>>はじめから読む
じんこのイラスト じんこの独り言

友達の友達は赤の他人である


友達と友達の友達と自分の3人で飯を食うというシチュエーション。

・・・つらい。

自分はこのシチュエーションが非常に苦手です。
特に顔見知り程度に友達の友達を知っていると更にキツイ。
何か知らんけど、適度にお互い他人ではないフリをしないといけないという罰ゲーム・・・。
廊下で会っても目も合わせないほどの他人であるにもかかわらず、さも友達であるかのように振舞わねばならない苦行・・・・。


そして、更にキツイのが友達の友達のほうが、自分よりその友達と親しかった場合ですなぁ・・・。
何か知らんけど、二人で自分の知らない話で盛り上がったり、二人で自分と関係ないコミュニティーの予定とか決められたり・・・つらい。

二人で飯食ってくれよ・・・。

何でワシを誘うんじゃ・・・。

変なとこで気をつかわんで結構ですじゃ・・・。


・・・つらい。

自分の場合、変なところで友達に対して遠慮があるので、友達の友達は、友達の友達なので、友達以上に親しくしてはいけないし、目のまえで直接話しかけるのすら憚られたりする・・・・。

ああ、これがコミュ障ってやつか。

こういうところでコミュ力って試されているんでしょうなぁ。
きっとコミュ力のある人なら、友達の友達は友達なんでしょう。
自分の場合は友達の友達は赤の他人、もしくは友達をとりあうライバルです。

友達が友達の友達ばかりに話しかけていると何か悲しいし、ムカつくのである・・・。
ええ、厨二病ですよ、思春期の女子か!?って話ですよ。

でもね、発言小町を御覧になってください。

「友達が私にだけ何々してくれない、他の友達には何々してくれるのに」とか

「私が知らないところで遊びにいっていた友達」とか

似たようなケツの穴の小さい内容のトピックがたっっくさんありますからね!!


いくつになっても友達焼餅ってあるんですなぁ・・・。という話でした。